HOME>クチコミ>どのような仕事があり適しているのはどんなタイプなのか

どのような仕事があり適しているのはどんなタイプなのか

実際に働いたことがある人の意見を参考にすることで、自分にも向いているか知ることができます。全くな未経験の人でも問題なく働くことができるということも、この口コミを見ることでわかるのではないでしょうか。

みんなの声

実際に働いてみて業務の幅広さを知りました

医療事務は一般的な事務よりも仕事は多くないのかなとイメージしたいましたが、実際に働いてみると想像していた以上に多くの業務があったのでびっくりしました。受付業務や電話対応、レセプト業務がありましたが、規模が大きくない職場だったので全て対応する必要があり最初は大変でした。カルテの作成とささっと基本情報の入力をしてから診察券の発行や受診科への案内、そして会計が受付業務の一連の流れです。専門性が問われるレセプト業務は最初はしていませんでしたが、働きながら資格の取得もしていきレセプト業務も徐々に教えてもらえるようになりました。最初は難しいなと感じたし、できないかもと不安になりましたがだんだんやりがいも出てきて良かったです。
[10代 女性]

大変なこともありますが、やりがいもたくさんあります

病院の顔として患者さんに安心感を与えられることができるかが受付にかかっていると言われたので、最初はプレッシャーも感じていました。でも丁寧に対応することで患者さんも笑顔になってくれたり、直接感謝の言葉を伝えられた時には嬉しかったです。患者さんだけではなく、医師や看護師の人からも感謝されることもあったのでそれにはびっくりしましたが、医療事務として働いていて良かったなと感じました。医療に関する知識が増えていき治療行為や検査、薬はもちろんのこと保険や医療費といった知識が増えたのは良かったなと感じています。医療事務として働くまで知らなかったことを身につけることができ、レベルアップを実感できるのもやりがいかなと感じます。
[20代 女性]