HOME>お役立ち情報>医療における事務と言うお仕事を選択すべき理由

医療における事務と言うお仕事を選択すべき理由

未経験でも医療事務として働ける?

未経験でも医療事務のお仕事に就くことが出来るかどうかですが、未経験の方でもやる気さえあればお仕事自体につくことは可能です。ですが、医療事務のお仕事は薬の知識の他、医療系専門用語がたくさん出てくるため、無資格での医療系の事務のお仕事に就くことは難しいです。このお仕事は、資格があり、10もの団体が資格を発行していて、医療関連のお仕事に就きたい方が勉強しながら事務の仕事に就くことが多いです。その為、如何に事務仕事であるからと言って、何の知識も無いままでは採用されてから苦労しますので、医療事務の資格を取得するなどして知識を得てからお仕事に定着するのが望ましいです。また、未経験でも、自らが学ぶ姿勢があれば周囲の仕事をしている方々がお仕事について教えてくれるのですが、やはり知識が必要なので、すべての事務仕事を一から教えてもらうには時間が掛かりますので、難しいと考えます。しかし、事務の仕事の中では医療を担当する部門であるため難しいお仕事ですが、得られる報酬は多いので医療事務はお仕事の選択肢の一つとして十分考慮すべきお仕事です。

取得していると役立つ資格は?

取得していることで医療事務への仕事に就職、または転職する際に役立つものは、公益財団法人 日本保険医療事務協会が主催する診療報酬請求事務能力認定試験がおすすめの資格です。この資格は医療事務のお仕事の資格の中では最も最難関ですが、その分合格した場合においては、豊富な知識の他業務に関する知識も付きます。学科試験と実技試験もあるのが特徴でお仕事を実際にやってみてなおかつ知識も問われます。こちらの資格はどちらかと言うと、すでに医療機関で事務の仕事をしている方のステップアップ用の資格です。短期間で資格を取得したい場合、医療事務認定実務者という全国医療福祉教育協会が主催する資格があります。こちらですと難易度が低く短期で取得することが出来事務の仕事の基礎が身に付きます。