HOME>特集>医療事務資格の学習方法と取得方法を細かく見る

医療事務資格の学習方法と取得方法を細かく見る

医療事務の各資格を独学だけで合格することはできるか

試験自体に実務や学習経験の受験資格はないので、きちんと得点が取れれば誰でも合格可能です。受付業務に関わる部分は一般のマナーに近い所も多いので、医療事務認定実務者であれば何とかなるかもしれません。レセプト業務や診察報酬請求事務が増えるにつれて、点検方法や計算方法の取得が必要なので独学の難易度が上がっていきます。難しい試験でもあるので、相談相手を作る意味でも通信講座等を受講しておくのがおすすめです。

医療事務の資格取得のための学習方法

専門学校に通い計画的に学習する

合格までのカリキュラムが組まれているので、講義に通うことをベースに予習や復習の予定を組むと計画的に進めることができます。講座に予定を合わせるのは大変ですが、自分一人で学習していくことが不安な方にはおすすめです。サポート体制が充実しているところを選べば、モチベーションが下がった時の支えにもなります。

通信講座で時間のある時に勉強を進める

教材をもらった上で、自分の予定に合わせて自分のペースで学習を進められるので、決まった時間の取りにくい方にはおすすめです。学習計画も組まれており、独学だと挫折したり何から始めればいいか分からなくなったりしそうな方も安心です。最近はオンラインでサポートしてくれるところもあり、サポート体制も充実してきています。

窓口対応はある程度の常識を身に着けておけばOK

窓口の対応はコミュニケーション力が必要なところであり、マニュアルに沿った共通の対応ができない部分でもあります。クレーム対応など、知っておいて損はないところは学問として覚え、残りは職場で経験を積んでいきましょう。試験で設問に正解することも必要ですが、臨機応変な対応は実際やってみないと分からない部分も多いです。